レミオロメン 動画 ピックアップ 粉雪 ドラマ ランキング 結婚 結婚式 送料無料 歌詞" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

レミオロメン 3月9日 歌詞 意味 [卒業ソング]

スポンサーリンク




レミオロメン 3月9日 歌詞 意味


今日は3月9日だ。
3月9日といえば、レミオロメンのヒット曲でもある♪
歌詞と意味をピックアップしてみよう。

『レミオロメン 3月9日 歌詞 意味』

この曲は、沢尻エリカが主演したドラマ「1リットルの涙」の挿入歌だった。このドラマの主題歌が、レミオロメンの最高傑作とも言える『粉雪』であった。

どちらもすごく深イイ曲である。


3月9日は、卒業ソングとして数年間ランキングトップにも上がるくらいとなった。


しかし、驚きの真相が!


レミオロメンの3月9日の歌詞を読んでみよう。

↓ ↓ ↓
3月9日 歌詞はここから見れます





実はこの曲は、卒業という意味で作られた曲ではない。
この曲の設定は、『結婚式』なのである。


レミオロメンのメンバー全員に共通する友人が結婚することになり
そこで作られた曲だということ。


私はこの3月9日が挿入歌として使われたドラマを見ていた。
そのドラマはタイトルの通り、とっても悲しいストーリー。
涙なくては見られない切ないドラマだったのだ。


そのイメージがあるので、てっきりこの曲は
別れ・・・そして旅立ちの歌だと思っていた^^;


確かに、結婚の歌だと言われて、歌詞をよく読んでみると
結婚する二人のことを言っているのか~と改めて意味を知った。



どちらにしても、この3月9日。
とてもいい曲だ。


毎年、3月9日はこの曲を聴きたいな♪

スポンサーリンク





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。